天之御中主神様(アメノミナカヌシサマ)お助けいただきまして、ありがとうございます。

「天之御中主神様(アメノミナカヌシサマ)お助けいただきまして、ありがとうございます。」
って一日に何回も言う。

ポイントとしては、過去形で言うのが良いらしいです。
(もうすでに助けてもらったという感じで…)

「助けて下さい。」だと、今自分が困っている状態が自分の深層心理に入ってしまうので
あたかも、もうすでに自分は助かっている状態であるという意味で言うと
もう自分は助かった状態だということが自分の潜在意識になるとのこと。

だから、お願いの仕方にもコツがあるということがわかりました。

最近ですが、実際によく言ってます。
会社とかにいると、あまり大きい声では言えないですが、ボソボソとですが(トイレに行くときとか(笑))etc.

あと、出勤中の道や 帰宅の帰り道で言うようにしてます。
あまり大きな声だと怪しまれたりするかもしれませんので
ヒソヒソ声が基本ですが
まわりに誰もいないなって時は、普通の声で言ったりもします。

家にいても、
家族とかがいたりすると言いにくいので
トイレとかお風呂のときとかに言うと良い感じだと思いますね。

この言霊を言い出してから、
本当に助かってると思います。本当に!
仕事で本当につらい状態にあったんですけど
おかげさまで、山を越えて、本当によかったです!

ところで、アメノミナカヌシ様って誰?って話なんですけど
あまり怪しいと思う人は信じなくて良いですが、

宇宙を創造した神、宇宙の中心にいる神さまのことで
「ルシャナブツ」とも言うし
別の国では「ヤハウェイ」とか「アラー」とか呼ばれていたり
とにかく名前は違えど、世界共通の神様らしいのですが

その方と人って、絶えずつながっているらしいのです
つながっていると言うとよくわからないと思うのですが

人の中には魂があって、その魂ってのは神のような存在だと思うんです。
で、その神っていうのは大きい神から、
ちいさく分裂して、わけられて分け御霊といわれる型で、
人の中に入っていると思うんです。
だから、そのちいさく分化した霊が人の中には入っていて、
大きい霊とはつながっている存在なんだと思うのです。
その中心にいるのが大霊。つまりアメノミナカヌシさま。

ところで
素朴な疑問があって
読み方が、、、

天之御中主神様(アメノミナカヌシサマ)
天之御中主神様(アメノミナカヌシノカミサマ)
なのか。。。カミがつくのかどっちでもいいのかな。

↓補足としては、下記の本で勉強すると大変良いです!^^

↓こちらは一生に一回だけもらえる「天之御中主様」カードです。
まるかんの支店に行けばもらえます。(2015年時の話、現在は不明)

天之御中主様カード

天之御中主様カード

いつも財布にいれてます。
祈り方はまるかんの方に聞いてくださいね。
「天之御中主様」のとなりに自分の名前を記入します。

↓付録の音声はこちら。
「神様に上手にたすけてもらう方法」

↓天之御中主神様(アメノミナカヌシサマ)について

↓天之御中主神様(アメノミナカヌシサマ)おたすけいただきましてありがとうございます。×1000回音声
シュールです。

↓アメノミナカヌシ(天之御中主神・あめのみなかぬし)の話【斎藤一人】

<

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る