blog

斎藤一人「あなたが変わる315の言葉」より抜粋 その1

人は幸せになるために生まれてきたのに、幸せじゃない人がたくさんいます。
それは、心というものの本当の働きを知らないからかもしれません。
心というものは、ころころ変わるから「心」というほかに、もう一つの意味があります。
それは「ここる」ということです。

簡単に言うと、人間の心はちょっとしたことで、だんだん、だんだん心が狭くなり、「こり固まってしまう」ということです。
この心の「こり」を取るには、二つの方法があります。

一つは、あたなを傷つけた人を許す。
すぐ傷ついてしまった自分を許す。
人を許せないじゅぶんを許す。
「許す」ということは、こちんこちんになって狭くなった心を「ゆるます」ということです。

それと、二つ目は、人と話をする。
話すということは、いやなことやこり固まった心を「ときはなす」ということです。

斎藤一人「あなたが変わる315の言葉」より

ひとりさんの良い本の抜粋はじめてみました。
どうぞよろしく。

そう。
人の心って
そのままほっておくと
ネガティブになる性質があるようです。

自分は1日何度も、心の中で人をバッシングして
腹を立てたり、悶々としてみたり、
人を許せなかったり、
こり固まっていると思える思考回路によくなります。

こんな自分は、
まだまだだな〜と思います….

日々の仕事や生活をしていると
人を許すってことを、忘れちまうんですよね。
反省したり、落ち込んでみたり。

なので、
そんな自分を許します。。。

ピックアップ記事

  1. ついてるキャラ。
  2. 私は愛と光と忍耐です。
  3. 自分に都合の良い妄想 #斎藤一人
  4. 貧乏神の話
  5. 図書館で「斎藤一人」さんの本を検索してみる。

関連記事

  1. blog

    振動数をあげてパワーアップ

    振動数をあげることで人は元気になって、活動的になれる。振動数を…

  2. blog

    2月3日から「地球のエネルギー」が変わる。らしい

    2月3日から「地球のエネルギー」が変わる。らしいのですが、詳し…

  3. blog

    いつでもどこでも命がけ

    絶対なる肯定絶対なる積極いつでもどこでも命がけ斎藤一人…

  4. blog

    斎藤一人さんの「おかしい」話。

    斎藤一人さんは自分の財布にお金が入っていないのは「おかしい」…

  5. blog

    私は愛と光と忍耐です。

    「私は愛と光と忍耐です。」この言葉を1日100回言っていると、…

  6. blog

    不完璧主義者のほうがいい。

    うまく物事がいかなくても自分を責めない、人も責めない、結果…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    カンタン成功法則 斎藤一人 著
  2. blog

    待望の斎藤一人さんの新刊
  3. blog

    斎藤ひとり「ついてる!」
  4. blog

    アメノミナカヌシ
  5. blog

    明るい気持ちでいるほうがいい。
PAGE TOP