blog

困ったことは起こらない。

ついてる手帳2014 記事感想文その2

なにか新しいことにチャレンジをしていると必ず問題が起きます。
これは神様からの試練なんです。
本当にあなたにヤル気があるのかを試しているんです。

そんな時は、自分によくて、相手にも良くて、世間にも良くて、
神様が◯(まる)をくれる、「四方よし」の考え方をすると、必ずうまくいきます。

「災い転じて福となす」って言うけれど、
こうした天が与えてくれた試練を乗り越えると、
必ず天からのごほうびがあるんです。
それに、天はあなたに乗り越えられない試練は与えません。

だから困ったことが起こったら「困ったなぁ」と言うのではなく、
「おもしろいことが起きた!」と言って、

明るく楽しい解決策を探すのです。そうすれば、きっとあなたに奇跡が起きますよ!


「斎藤一人ついてる手帳2014」   斎藤一人(著)より

僕は、
この考え方が、すごく先進的で、
先に行っちゃってると思う。

なぜなら、これは、まず、神様がいるという前提のもとの
話だからです。

今の時代では、神様がいるか、いないかという論議というか
科学的に判別できないし、日本では宗教とか盛んではないから、
神様はいないという方が、一般的に正しいような認識であると感じます。
普通に神様とか言い出すと、みんな訝しげな顔をしますからね。

おそらく、今の科学では神様は認識できないはずで、

それを通り越し、

まず、いるという前提での話ということと

「考え方次第で人生は良くなる」っていう話は
みんな薄々は、わかっているんだけど
いまいち実行できない人が多いと思うんです。

具体的にどういう行動をすれば、
良いのかは上記に書いてある通りなんだけれども
よほどボジティブな思考を持っていないと
上記のような行動にはならない。

ちなみに僕は、困ったことが起きたら、
ドラゴンボールの悟空のように「ワクワクするぜ!」
「よし、いっちょやったるか〜、このことで僕には良いことしか起きない」
と思ったり、言ったりしちゃいます。

でも、内心は怖いし、顔はくたびれてるかもしれないんですけど、
行動では絶対に、周りの人に心配させちゃあいけないと感じます。

今のところ、
大抵うまくいってます。ピンチでも、明るく解決できてます。

とにかく、すごい行動論でやることは簡単なんだけど、
こういう話をしても、

「私には、そんな神のような行動はとれない」
って言われちゃうんですよね。

人はそう簡単には変わらないから。
内心結構悲しいんだけど
そっちにひっぱられちゃあいけません。
自分が太陽になればいいんだ!ってね。

でも、僕は、明るく楽しく元気に盛り上げて試練を乗り越えていきますんで!

ピックアップ記事

  1. 「100%自分の責任」を思うと、道が開ける
  2. 変な人が書いた人生哲学
  3. ついてる!
  4. 2016ついてる手帳
  5. アメノミナカヌシ様「カード」

関連記事

  1. blog

    言葉はエネルギー

    口から出た言葉は、エネルギーになって天空を駆けのぼり、お星様に当た…

  2. blog

    振動数をあげるには。

    振動数の話物には固有の振動数があって人間だけが振動数をかえ…

  3. blog

    「変な人が書いた人生の哲学」を読んでみて。

    社長は、頭をつかわなくちゃいけない。社員とおなじ仕事をしていたら、…

  4. blog

    私を生んでくれてありがとう

    人生って楽しいことばかりじゃないけれど苦しいことや、つらいことをの…

  5. blog

    成功力

    2013年に出版された斎藤一人さんの著…

  6. blog

    感謝してます。の効力。

    感謝してます。の本当の意味。この話は不思議じゃない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    与えることができる人が真の豊かな人
  2. blog

    「変な人が書いた人生の哲学」を読んでみて。
  3. blog

    人の悪口を言わない方法
  4. blog

    自分さがしの旅 CD版
  5. blog

    人生は波動
PAGE TOP