上元気だと、すべてがうまくいく。

人の機嫌には
「上気元」と「中機嫌」と「不機嫌」があって、
いつも不機嫌な人には不機嫌な出来事がおこってしまいます。

中機嫌というのは機嫌がいいときもあれば機嫌が悪いときもある人。
大概の人にあてはまるのではないでしょうか。
いわゆる普通の人だと思うのですが、
普通の人には普通のことしか起こらない。
普通にしていても「いいこと」はなかなか起こらないというのです。

だから、
意図的に機嫌をよくしなくちゃあいけない。
しあわせとは「意志」でコントロールするもの。

心をしあわせの方向にむけているから幸せになる。

楽しいから笑顔になるのではなく笑顔にしているから楽しいことが起こる。

上気元というのは最高のボランティアなんだと!!!

機嫌が悪い人がまわりにいるとその人に気をつかってしまいます。

人に自分の機嫌をとらしてもらってはダメ。

自分の機嫌は自分でとらないといけないのです。

人に機嫌もとってはだめ。その不機嫌がうつっちゃぬので
その人はその人の都合で不機嫌になっているから、

自分は自分の都合で機嫌よくしているのが良い!!!!

—————

いつもひとりさんの教えは

すごい!です。

『自分の機嫌は自分でとる』

 こんなすごいことを言っている人はいままであったこともない。

そして、実践している人に会ったことがない。。。

いや、あったことはあるかもしれませんが、
自分がそのレベルに達して無いので
気がつかないのか

それとも類友の法則で、出会えてないレベルなのかもしれません。

いずれにしても、自分もがんばって「上気元」でいる
実践ジャーとなって
実践あるのみということですね!!!

はい!!!

『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る