blog

苫米地英人さんと斎藤一人さんの共通性。

苫米地さんの本を最近読む機会があって、

読んでいたんですが、すごく論理的で頭が良い人だと思っているんですけど
その論理が、普通の人が考えているようなところを超えている人で、
超えている具合が、

なぜか、斎藤一人さんと似ている気がしていてならない。

たとえば、「抽象度」をあげた考え方をすることを継承しておりますが、
斎藤一人さんこそ、その「抽象度」の高い人だと感じますし、

脳の働きについてや、ストコーマ、エフィカシー、コンフォートゾーンなど
よくわからない単語がでてきますが、その意味などは
斎藤一人さんは誰でもがわかりやすい言葉で同じような説明をされていることがよくあるように感じます。

とにかく、2人の共通性になんとなく気がついたんですが、
具体的には?と言われると、難しいのですが、直感的にそう感じた次第です。
でも、これも本当は言葉に落とし込むべきなんでしょうね。きっと。

ぐぐってもそれっぽい記事はなんとなくはありますが、

http://readman.jp/bookreview/789/

2人の共通性は見た目が若いってとこらしいです(笑)
いまのところ核心的な記事はなさそうです。

http://katamich.exblog.jp/8409871/

こちらの二人についてのおもしろそうな動画がありました。
が、タイトルに2人の名前があるがと内容があまり関係ないやんけ!!!

http://ameblo.jp/ladyoscar777/entry-12111802402.html

 

人それぞれ違う。前のページ

愛するということは相手の都合を考えるということだ。次のページ

ピックアップ記事

  1. 明日良いいことがあると思ってごらん。 今、幸せになれるよ
  2. 義理と人情の話
  3. 2017.4.9斎藤一人さんのお話
  4. 嫌なことがあったらおもしろいことに変えるゲーム
  5. 上気元の魔法

関連記事

  1. blog

    ついてる手帳2016 感想記事「成長は、より「楽しい」に向かう」

    縁というのは、すべて前世できめられたように思うかもしれないけど、そうで…

  2. blog

    嫌な人にNOと言えるようになる。

    「この人、嫌だなあ〜」と思ったら、はっきりと顔または声に出して、「…

  3. blog

    「ふわふわの法則」を読んだ。

    斎藤一人さんと、柴村恵美子さんの共著がでました。「ふわふわの…

  4. blog

    2017.4.9斎藤一人さんのお話

    斎藤一人さんの最近のお話。自分に優しくできれば、人にも優し…

  5. blog

    一寸先は光だ。明日が楽しみだな

    一寸先は光だ。明日が楽しみだなついてる手帳2014 斎藤一人 著 …

  6. blog

    嫌な相手とは 角が立ったとしても 距離を置くこと

    嫌な相手とは 角が立ったとしても 距離を置くこと「斎藤一人…

コメント

    • 山田
    • 2017年 6月 21日

    その鼻づまりのユーチューバーには、ちゃんと働けと言いたいですね。他人の名前を勝手に借用して、金を稼ごうとしているのが透けて見えるので、好感が持てません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    自分はすごいんだ!
  2. blog

    天に豊作を祈り手は田を耕す。
  3. blog

    顔にツヤを出す行為の信憑性。
  4. blog

    感謝してます。の効力。
  5. 2015 TSUITERU NOTEBOOK

    ほめる
PAGE TOP