blog

できるまで教えれば人はできる

「ツイてる!」齋藤一人 著より

「人に教えるということは、同じ人に、同じことを400回いえるかどうかにかかっている」

人にものを教えるときに、
400回言える覚悟はありませんでした、が、しかし、ここまで忍耐強く愛のある行動ができるかどうかで、
その人の器量というものがためされるのではないでしょうか。

私はここまでの忍耐力はもっておりませんでした、上の人間が下の人間に教えることの重要さというか、
同じことを何回も言って伝えることの大切さを感じることができました。

1000回でも、言い方を変え、手をかえ品をかえて、できたらいいなと感じました!!!

ピックアップ記事

  1. ついてるから
  2. ついてる手帳2016 感想記事「成長は、より「楽しい」に向かう」
  3. すべてのものを「自分のもの」だと思ってみる
  4. 「隠れキリシタン」ならぬ「隠れついてる」
  5. 困ったことがおきたら面白いことがおきたと言ってみな奇跡がおきるから

関連記事

  1. blog

    ついてる手帳 2019

    ついてる手帳 2019 年度版は今年はでないのでしょうか?…

  2. blog

    「ついてる手帳2017」今年も買いましたよ。

    「ついてる手帳2017」今年も買いましたよ。今年のテーマは「笑…

  3. blog

    振動数の話。

    振動数の話。振動数はあげられる。人だけは、この振動…

  4. 2018 TSUITERU NOTEBOOK

    魂の向上には「知恵と忍耐」

    ついてるノートブックを使い出してから、5年目になるので、さすがに内…

  5. blog

    神様に呼ばれるひとになる。

    神様に選ばれた人。集団的無意識のなかで魂はつながっている。…

  6. 2015 TSUITERU NOTEBOOK

    顔にツヤ!

    ついてるノートブック2015の「ひとりさんのついてる週間術1」より…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    今は考えることより行動です。自信を持ってね
  2. 2014 TSUITERU NOTEBOOK

    私は愛と光と忍耐です。
  3. blog

    絶対なる肯定
  4. blog

    斎藤一人さん おすすめ音声 スピリチュアル編
  5. blog

    【斎藤一人】どん底から這い上がる7つの方法
PAGE TOP