blog

できるまで教えれば人はできる

「ツイてる!」齋藤一人 著より

「人に教えるということは、同じ人に、同じことを400回いえるかどうかにかかっている」

人にものを教えるときに、
400回言える覚悟はありませんでした、が、しかし、ここまで忍耐強く愛のある行動ができるかどうかで、
その人の器量というものがためされるのではないでしょうか。

私はここまでの忍耐力はもっておりませんでした、上の人間が下の人間に教えることの重要さというか、
同じことを何回も言って伝えることの大切さを感じることができました。

1000回でも、言い方を変え、手をかえ品をかえて、できたらいいなと感じました!!!

ピックアップ記事

  1. 言葉はエネルギー
  2. たった1%の努力で99%が上手くいく
  3. 四と九を味方にする。
  4. 上の心
  5. 斎藤一人さんの新刊。

関連記事

  1. blog

    お金の真理の本を読み返してみた。

    2年ほど前に購入した本ですが、、、やはり、この本はすばらしいで…

  2. blog

    さいとうひとりさんのお話集 youtube

    youtubeで「さいとうひとり」と検索するとこちらが上にきますね。…

  3. blog

    斎藤一人さん・健康になる話・幸せになる話・霊の落とし方

    斎藤一人さん・健康になる話・幸せになる話・霊の落とし方こちらの…

  4. blog

    魂を成長させるには

    魂の存在についてあまり信じない人は聞かなくていいんですが人…

  5. 2014 TSUITERU NOTEBOOK

    私は愛と光と忍耐です。

    「私は愛と光と忍耐です。」この言葉がすごく励みになって、毎日頑張っ…

  6. blog

    電車の中での瞑想の習慣

    毎朝、通勤電車、満員電車の中でつり革にゆられながら、心…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    自分が「楽しい」ことをしよう
  2. blog

    困ったことがおきたら面白いことがおきた!
  3. blog

    予約していた「斎藤一人 俺の人生」が届いた。
  4. blog

    心の指針を上に向ける
  5. blog

    斎藤一人さん 運勢の良くなる話
PAGE TOP