blog

嫌なことがあったらおもしろいことに変えるゲーム

嫌な出来事があっても

「おもしろいこと」に変換できる方法があったら、

幸せな人生になれる。

普通の人は、嫌な出来事をそのまま、嫌なことがあったと思ってそのままうけとめる。

それで、ストレスを溜め込んでしまうのですが、

心を上の状態に保つには、そのような状態では、すぐに心が折れてしまいます。

でも、うまく変換する能力を鍛えれば

ピンチの状況や、嫌な出来事をうまく、昇華させることができる。

一人さんは、このことをよく言っておられます。

 

自分の出来事でいいますと、最近、自分の3歳の息子に、ふざけて、背中を膝でけられて、相当痛かったときに

なんだか、普段の仕事に疲れていたのもあり、ついカっとなって「痛えなこの野郎!」って叫んでしまいました。

その後、子供は泣いてしまいました。(カミさんにも怒られました)

こどもに蹴られて痛いことでも、「あーちょうど背中がコッていたから、刺激をもらってよかった!」など、うまく変換すべきだったのでしょう。

 

人は、心の状態が、いつでも平穏ではないので、特に身内に対しては甘えてしまい。

つい、カー!っとなったり不機嫌になったり、つめたくしてしまって後悔してしまうことがよくあります。

でも、一番幸せにすべきなのは、身内の人に対してであるべきなのです。

家族だからといって、なんでも心の状態をさらけ出していいというわけではないのですが、まだまだ未熟者なんでしょうね。。。

 

だからこそ、

「嫌なことがあっても、おもしろいことに変換すること」ってすごくおもしろいゲームだとおもいます。

ゲームにすることで、楽しんで実践することができるんでしょうね!

人の心のありかたをゲームにしてしまう発想がすごいです!

人の心なんてものは、感情や体の疲れなどに左右されてしまう、もろいものなんですが、

つねに上の状態でたもっていかれれば、気元よくいきられるのではないでしょうか。

 

「さいとうひとり」で検索をかけてみると。前のページ

人生を楽しむ方法。次のページ

ピックアップ記事

  1. 国も地域も使っているモノも命も全部「ほめる」
  2. 斎藤一人さんの金持ち札の効果
  3. 斎藤一人さんの お話【言葉の法則】100回 聞く話
  4. 実家の母に贈った本。
  5. 斎藤一人さんのお話 2015年8月9日 運命を切り開く。

関連記事

  1. blog

    うまくいっている人のまねをしてごらん

    うまくいっている人のまねをしてごらんそれだけで商売はうまくいくから…

  2. blog

    ニコニコ動画でも斎藤一人さんの音声

    ニコニコ動画でも斎藤一人さんの音声がいっぱいある。ニコニコ動画でも…

  3. 2014 TSUITERU NOTEBOOK

    私は愛と光と忍耐です。

    最近のさいとうひとりさんの本ではあまりみかけなくなった言葉。「…

  4. blog

    できるまで教えれば人はできる

    ツイてる! の著書のなかで、「人に教えるという…

  5. blog

    顔にツヤを出す行為の信憑性。

    なぜ顔にツヤをだすと運が良くなるのか。論理的に解釈しないと、納…

  6. blog

    ひとりさんのお話。

    ひとりさんの公式ブログにあがっているとても良いお話のご紹介。空…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    不完璧主義者のほうがいい。
  2. blog

    しもやん隊長
  3. blog

    しあわせになる「天国言葉」
  4. blog

    魅力があればすべてうまくいくから不思議
  5. blog

    龍が味方する生き方(宮本真由美さん)
PAGE TOP