blog

嫌なことがあったらおもしろいことに変えるゲーム

嫌な出来事があっても

「おもしろいこと」に変換できる方法があったら、

幸せな人生になれる。

普通の人は、嫌な出来事をそのまま、嫌なことがあったと思ってそのままうけとめる。

それで、ストレスを溜め込んでしまうのですが、

心を上の状態に保つには、そのような状態では、すぐに心が折れてしまいます。

でも、うまく変換する能力を鍛えれば

ピンチの状況や、嫌な出来事をうまく、昇華させることができる。

一人さんは、このことをよく言っておられます。

 

自分の出来事でいいますと、最近、自分の3歳の息子に、ふざけて、背中を膝でけられて、相当痛かったときに

なんだか、普段の仕事に疲れていたのもあり、ついカっとなって「痛えなこの野郎!」って叫んでしまいました。

その後、子供は泣いてしまいました。(カミさんにも怒られました)

こどもに蹴られて痛いことでも、「あーちょうど背中がコッていたから、刺激をもらってよかった!」など、うまく変換すべきだったのでしょう。

 

人は、心の状態が、いつでも平穏ではないので、特に身内に対しては甘えてしまい。

つい、カー!っとなったり不機嫌になったり、つめたくしてしまって後悔してしまうことがよくあります。

でも、一番幸せにすべきなのは、身内の人に対してであるべきなのです。

家族だからといって、なんでも心の状態をさらけ出していいというわけではないのですが、まだまだ未熟者なんでしょうね。。。

 

だからこそ、

「嫌なことがあっても、おもしろいことに変換すること」ってすごくおもしろいゲームだとおもいます。

ゲームにすることで、楽しんで実践することができるんでしょうね!

人の心のありかたをゲームにしてしまう発想がすごいです!

人の心なんてものは、感情や体の疲れなどに左右されてしまう、もろいものなんですが、

つねに上の状態でたもっていかれれば、気元よくいきられるのではないでしょうか。

 

「さいとうひとり」で検索をかけてみると。前のページ

人生を楽しむ方法。次のページ

ピックアップ記事

  1. 「人生、ラクでしあわせ」これが私たちのテーマ
  2. 待望の斎藤一人さんの新刊
  3. 「どちらが楽しいか」で決める
  4. 「ついてる」をググって検索してみると
  5. ひとりさんのお話。

関連記事

  1. blog

    愛するということは相手の都合を考えるということだ。

    愛するということは相手の都合を考えるということだ。斎藤一人さんの公…

  2. blog

    振動数をあげてパワーアップ

    振動数をあげることで人は元気になって、活動的になれる。振動数を…

  3. blog

    我慢しない生き方

    こちらの本を、けっこう前にキンドル版で購入してました。出勤途中や、会…

  4. blog

    顔にツヤを出す行為の信憑性。

    なぜ顔にツヤをだすと運が良くなるのか。論理的に解釈しないと、納…

  5. blog

    天の声を聞く、世間の声を聞く

    斎藤一人さんの100回聞きの音声。よくyoutubeで聞い…

  6. blog

    ついてるから

    ついてるからあわてない、あわてないついてる手帳2015 斎…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    ムリにつくった人脈なんかいらない。
  2. blog

    kindle unlimitedで読める 斎藤一人さん関連の本
  3. blog

    中村天風さんの教えとの共通性
  4. 2014 TSUITERU NOTEBOOK

    私は愛と光と忍耐です。
  5. blog

    宇宙貯金の話
PAGE TOP