blog

嫌なことがあったらおもしろいことに変えるゲーム

嫌な出来事があっても

「おもしろいこと」に変換できる方法があったら、

幸せな人生になれる。

普通の人は、嫌な出来事をそのまま、嫌なことがあったと思ってそのままうけとめる。

それで、ストレスを溜め込んでしまうのですが、

心を上の状態に保つには、そのような状態では、すぐに心が折れてしまいます。

でも、うまく変換する能力を鍛えれば

ピンチの状況や、嫌な出来事をうまく、昇華させることができる。

一人さんは、このことをよく言っておられます。

 

自分の出来事でいいますと、最近、自分の3歳の息子に、ふざけて、背中を膝でけられて、相当痛かったときに

なんだか、普段の仕事に疲れていたのもあり、ついカっとなって「痛えなこの野郎!」って叫んでしまいました。

その後、子供は泣いてしまいました。(カミさんにも怒られました)

こどもに蹴られて痛いことでも、「あーちょうど背中がコッていたから、刺激をもらってよかった!」など、うまく変換すべきだったのでしょう。

 

人は、心の状態が、いつでも平穏ではないので、特に身内に対しては甘えてしまい。

つい、カー!っとなったり不機嫌になったり、つめたくしてしまって後悔してしまうことがよくあります。

でも、一番幸せにすべきなのは、身内の人に対してであるべきなのです。

家族だからといって、なんでも心の状態をさらけ出していいというわけではないのですが、まだまだ未熟者なんでしょうね。。。

 

だからこそ、

「嫌なことがあっても、おもしろいことに変換すること」ってすごくおもしろいゲームだとおもいます。

ゲームにすることで、楽しんで実践することができるんでしょうね!

人の心のありかたをゲームにしてしまう発想がすごいです!

人の心なんてものは、感情や体の疲れなどに左右されてしまう、もろいものなんですが、

つねに上の状態でたもっていかれれば、気元よくいきられるのではないでしょうか。

 

「さいとうひとり」で検索をかけてみると。前のページ

人生を楽しむ方法。次のページ

ピックアップ記事

  1. 「世界一ふざけた夢の叶え方」を読んで。
  2. 仕事に使命感をもつとうまくいく。
  3. しあわせっていっぱい言う
  4. 天之御中主神様(アメノミナカヌシサマ)「神様に上手に助けてもらう方法」
  5. ずぶとくいこう。負けたらダメだよ

関連記事

  1. blog

    アメノミナカヌシさま羽賀ヒカルさんの考察

    アメノミナカヌシ様おたすけいただきましてありがとうございます。こちら…

  2. blog

    嫌な予感をプラスに変える方法

    言葉が先。言葉によって、脳が変化する。つまり、…

  3. blog

    「100%自分の責任」を思うと、道が開ける

    「ツイてる!」斎藤一人 著よりみなさんが、どう感じるかわかりま…

  4. blog

    斎藤一人 徳のお話

    2018年とタイトルにありますが、あたらしい音声ではないです…

  5. blog

    「ふわふわの法則」を読んだ。

    斎藤一人さんと、柴村恵美子さんの共著がでました。「ふわふわの…

  6. blog

    「まるかんアプリ」さんのyoutube動画

    まるかんアプリさんのyoutubeは毎日、新しい音声がアップされて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    秋になるとなべ物がおいしい、紅葉がきれい。 生まれてきて良かった良かった
  2. blog

    斎藤一人さん・健康になる話・幸せになる話・霊の落とし方
  3. blog

    一寸先は光だ。明日が楽しみだな
  4. blog

    斎藤一人さんの教えを忘れ気味。
  5. blog

    斎藤ひとり「ついてる!」
PAGE TOP