blog

あめのみなかぬしさまのいのり。

あめのみなかぬしさま
おたすけいただきまして
ありがとうございます。

っって、2〜3年前は、
まいにち祈ろうっていうかんじでした。

いまだに僕はつづけております。
めちゃめちゃ運はよいですけんど。

普通のしあわせをめざすひとはやめたほうがいいです。
なぜなら、ふつうよりもあっとうてきに良くなるから、
だから、ふつうのしあわせをめぜすひとは、ふつうの考え方で十分なんです。

でも、よくばりな自分は、
斎藤ひとりさんの考え方を吸収してしまったために、
悪いことがまったく起きなくなってしまった。(そういうぞくせけんのよくない解釈を考えなくなったなど、、、)
つまり、ざっくりいいますと、「ポジティブ思考になったんじゃないのおまえっ」てひとことでおわらそうとするやからが、
自分のまわりにも何人もいたので、
そういう、論理的思考でかつ、うたぐりぶかい、知能の高い友人がいるとするならば、
そんなやつらは自分とは関係のない人だと思ったほうが良い、なぜなら、本当の友人ならば、よろこんで意見を聞いてくれるし、
反対の意見など言いいやしない。(違った意見があったらあとで伝えてくれるはず。)
そして、もっと見識の高い意見で、経験値をもっているならば、
伝え方も丁寧にするのではないでしょうか。

僕は、なれあいなどせず。ふつうに生活する上で、
こどもに富裕層ほどの自由は手にはいらないものの、
ある程度の教育といくしみをたもち、
えんかつでろうこうなかていかんきょうをもったうえで
やがては独立し、子孫を残し、
繁栄していけることの手伝いをかなえられれば、本望であろうし、

擬似的な失敗体験や成功体験を、
じかに経験をさせてあげることが重要だとかんじました。

そのことにむけて今からでも何か、
できることを共有して
すごしていかれれば本望であることをここに記す。

20170325

ーーーーーー

追伸
2018年3月15日

毎朝、祈ってます。
「あめのみなかぬしさま、おたすけいただきまして、まことにありがとうございます!」
と、心の中で祈ります。
あと、「○○さんに、すべてのよきことがなだれのごとくおきます!」っていうのを、いろんな人や会社や国や世界の人々へ祈ります!!! 
毎朝電車の中で!!!

忘れないように、通勤電車にのって、つり革をもった瞬間に
そのお祈りをするようにこころがけています。

いまのところ、毎日、幸せに生きれてますし、
いろんな、本との出会いがあって、
自分の考え方をかえて、大富豪になれるように日々がんばっているところです!!!

ますます幸せになっていきます!そして「すべてはうまくいっている!」と毎日言える日々になってます!!!

また、後日報告します!!!

ゴッドハート マッサージクリームをamazonで購入前のページ

漢方での健康の考え方次のページ

ピックアップ記事

  1. 人に「よかったね」って言える心をもつ。
  2. 霊の落とし方。
  3. 「ツイてる!」から良い言葉を抜粋
  4. ハイはみごとなハイ。笑顔はみごとな笑顔。それが商人
  5. 神さまに上手にお願いする方法 その2

関連記事

  1. blog

    変な人が書いた人生哲学を友人に贈った。

    ↑こちらの本を、(クリックするとamazonへ飛びます)ama…

  2. blog

    斎藤一人さんの基本「顔につや」

    斎藤一人さんの幸せになるための基本原則を考えるとまずは「顔につ…

  3. blog

    大衆演劇をおすすめ。

    斎藤一人さんの公式ブログにて、、、http://saitou-…

  4. 2014 TSUITERU NOTEBOOK

    私は愛と光と忍耐です。

    「私は愛と光と忍耐です。」この言葉がすごく励みになって、毎日頑張っ…

  5. 2018 TSUITERU NOTEBOOK

    人生は「楽しい」が大事です

    おもしろくないヤツに、ついてくる人間がいるわけがありませんから…

  6. blog

    「このままでいいんだよ」

    「このままでいいんだよ」っていってごらん。そのほうが相手もラク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    「豊かだなぁ」と言えば「豊かな知恵」が
  2. blog

    「斎藤一人」さんを検索してみると
  3. 2014 TSUITERU NOTEBOOK

    私ってえらいね! あなたってえらいね! みーんなえらいね!
  4. blog

    斎藤一人さんはコロ助についてなんと言っているのか。
  5. blog

    いますぐ楽しくなる、一生たのしくなる使命
PAGE TOP