blog

電車の中での瞑想の習慣

毎朝、
通勤電車、
満員電車の中で
つり革にゆられながら、
心のなかで、

「アメノミナカヌシ様、いつもおたすけいただきましてまことにありがとうございます。」

と、祈っています。

 

と同時に、僕の場合は、

「守護霊様、いつもおたすけいただきましてまことにありがとうございます。」

「先祖の方々、まもっていただいている神々のみなさまいつもおたすけいただきましてありがとうございます。」

というように
3種類をつり革につかまりながら、ちょっと目を閉じていのりまして、
毎日のルーティーンの始まりになります。

それで、この祈りが終わると、
次に、斎藤一人さんがよくいっておられる「○○さんに、良いことが雪崩のごとく起きます。」
1日百人に対して行う。

というものがございまして、
こちらも、
毎朝、満員電車のつり革につかまり、電車にゆられながら
心のなかで行うのですが、

なかなか、
めんどくさくなっちゃって、

以前は、スマホのメモ帳に100人の名前を書いて
その方々に対して一人一人の名前を○○さんのところに入れて
心の中でよみあげていました。
「Aさんに、良いことが雪崩のごとく起きます。」
「Bさんに、良いことが雪崩のごとく起きます。」
「Cさんに、良いことが雪崩のごとく起きます。」
・・・・
んで、毎日100人へ祈りをやってたんすけど、さすがに、
大変になっちゃったんで、
今は楽をさしてもらってます。

コンセプトとしては、目の前の人に対して祈るので
「この車両の乗客すべての方々に、良いことが雪崩のごとく起きます。」
というかんじで、まずは車両の乗客なので50人ぐらいはいるでしょうね。
あと
「会社の社員の方々に、良いことが雪崩のごとく起きます。」
これで、100人は達成できます。
あとは、
ざっくり、
「日本に住んでいる方々に、良いことが雪崩のごとく起きます。」
「世界に住んでいる方々に、良いことが雪崩のごとく起きます。」
「地球や宇宙全体に住んでいる方々に、良いことが雪崩のごとく起きます。」
というように枠をひろげて、祈りまして、
朝のお祈りは終了としめくくります。(これで100人をはるかに超えますね、笑)

これをやりだしてから、毎日が、楽しいし、
なにより、幸福度もまして「強運」になったと感じます。

是非みなさんも、自分なりにやりやすい方法でカスタムして実践されることをおすすめします!
なによりもたのしんでやることが重要なので(笑)

法則を味方にする。前のページ

2017年4月9日 斎藤一人さんの公演次のページ

ピックアップ記事

  1. 仲間がいるから楽しい。仲間がいるから前進できる
  2. この人にすべての良きことが雪崩のごとく起きます。
  3. 神さまに上手にお願いする方法 その2
  4. 最後に勝つ
  5. 悪口や愚痴

関連記事

  1. blog

    神様に上手に助けてもらう方法

    神様に上手に助けてもらう方法 ~ 私はこれで、あらゆる困難から守っても…

  2. blog

    できるまで教えれば人はできる

    ツイてる! の著書のなかで、「人に教えるという…

  3. blog

    「隠れキリシタン」ならぬ「隠れついてる」

    「ついてる」「ついてる」「ついてる」って言うと運が良くなるのですが…

  4. blog

    100回 聞きをまたやってみる

    斎藤一人さんの100回聴きシリーズの一番最初のをまた、聞いてみようと…

  5. blog

    自分はすごいんだゲーム

    自分はすごいんだゲームってなんぞや?ゲームっていうんだから、楽しん…

  6. blog

    長寿庵 新小岩 手打ちそば

    先日、ひとりさんファンクラブでご紹介いただきました新小岩にある手打…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2014 TSUITERU NOTEBOOK

    困ったことが起きたら面白いことがおきたといってみな。
  2. blog

    やさしさよりも強いものはないですよ
  3. blog

    天国言葉と地獄言葉
  4. blog

    神様が助けやすい体質。
  5. blog

    斎藤一人さんの動画 なぜ苦しいことが起きるのか?
PAGE TOP