blog

我慢しない生き方

こちらの本を、けっこう前にキンドル版で購入してました。
出勤途中や、
会社帰りに、電車の中で、スマホで読むことが多く。
何回かに分けて読んでいました。

途中、体験談の話とかは、
感動してなけてくるところもあり、
心に響くものがありました。

嫁と姑との関係でストレスを抱えている話があって、
こちらのケースとは逆のパターンでしたが、
自分の母親は、長男の嫁と一緒に暮らしていて、

母はよく、嫁の愚痴を言っていました。
仕方ないので聞いていましたが、
今思うと、こちらの本をよんでもらったらよかったと思った次第です。

それまでに、斎藤一人さんの本を何冊か贈っていたので、
読んでいてくれていて、ためになっていたと思いますが、

ですが、やさしい母でしたので、
我慢するのをやめられない人だったと思います。

ちょっとしたことを、少しずつためていくと
あとで、かなり大きな反動となってストレスを抱えてしまいます。

自分も、意外と言いたいことをいわなかったりする心の癖があり、
とくに、ちょっとしたことで嫌だと思うことを、
スルーしてしまうことがあります、その小さなスルーが、
やがて大きくなって、吐き出さないといけなくなってしまうことが、
時々やってきて、その吐き出し方を間違うと、

本当はもっとうまく伝えれば、角がたたなかったのに
変なタイミングで出してしまうと、
後々、しこりが残ってしまうので、反省することろではあります。

なので、我慢しないで暮らして生きていくことが
やはり良いのだと改めて感じさせられる書籍になります。

こちらの本も30回読破をチャレンジしたいと思います。
まだまだ潜在意識にのこっていないところがあるので、
楽しくやってみましょうかね。


「今は魂が一番成長するにはどうしたらいいか、だけを考えながら生きる癖をつける。」

斎藤 一人. 変な人が書いた 人生の哲学 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.127-128). Kindle 版.

こちらの言葉も身にしみていて、わかります。自分の魂が成長するるにはどうしたらいいか、
だけを考えながら生きる、って、なかなか、難しいことだと感じてしまいますが
日々、生活をしていて、そういう視点でものごとをとらえることを、忘れてしまいますね。
つい、その時の感情や、体の状態、気持ちの状態、メンタルや、状況、それらを考えていると、
「魂が成長するには、どうだろう?」
という視点はなかなかもちずらいと思います、
でも、この視点をもつことで、少しでも、今よりも良い結果にむすびつくなら、
そのような視点で考える癖がついていると、
なんだか、視野が広がるというか。単一的な考えにおちいらなくてよさそうです。

また、きづいたところがあれば記事にしようと思います。


「ふわふわの法則」を読んだ。前のページ

「ついてる」をロゴ化プロジェクト次のページ

ピックアップ記事

  1. 斎藤一人さんの 最近の著書2017.03.23
  2. 貧乏神の話
  3. 強気健康法
  4. きれいだね。楽しいね。幸せだね。
  5. 一寸先は光だ。明日が楽しみだな

関連記事

  1. blog

    「ついてる」を1日、1,000回言う。

    実際、1,000回も言えてない。毎日まともに、10回言うのすら…

  2. blog

    斎藤一人さんのブログの一言がすごい!

    試練とは自分を調整してくれる大切なもの。斎藤一人さん公式ブログより…

  3. blog

    斎藤一人さんはコロ助についてなんと言っているのか。

    「羽賀ヒカル」さんと、「斎藤一人」さんの御弟子さんの「宮本真由美さ」…

  4. blog

    斎藤一人さんの基本「顔につや」

    斎藤一人さんの幸せになるための基本原則を考えるとまずは「顔につ…

  5. blog

    kindle unlimitedで読める 斎藤一人さん関連の本

    最近、kindle unlimitedを加入しました。現在は無料お…

  6. blog

    困ったことがおきたら面白いことがおきたと言ってみな奇跡がおきるから

    困ったことがおきたら面白いことがおきたと言ってみな奇跡がおきるから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. blog

    見知らぬ人であっても、褒める
  2. blog

    相手に期待しない、変えようとしない修行
  3. 2018 TSUITERU NOTEBOOK

    斎藤一人さんの名言。
  4. blog

    100回 聞きをまたやってみる
  5. blog

    「隠れキリシタン」ならぬ「隠れついてる」
PAGE TOP